FC2ブログ

正しい人たちの「反撃」

クリマ(畑名)を冠したワイン=師匠名を冠した居合

 ←ブルーリボンバッチの重さ →範士称号
聞いた話によると、ワインの世界では産地の範囲が狭まりクリマ(畑名)が特定されるものが上級だという。

珈琲も同様で、今まではブラジルとか、タンザニアとか生産国名が認識の対象であった。


日本武道の精華である居合も、実はそれが明瞭だった。

私は○○流の○○師範の弟子です。

実に簡単だ

このところ、その師伝がどうも怪しい道場が多い。

上級の居合となると、出自をはっきりさせ、スペシャルな、稽古内容、使う道具もおもちゃではなく真剣、(英信流では)図譜を丸暗記しているほどの師範たちの指導が必須だ。

ただ、居合と大雑把に言っても、珈琲を例に取れば、アラビカ種もあればロブスタもある、傍系英信流を1週間見学して「創作」した夢想神伝流などはロブスタだろうか?まあ、アラビカばかりが珈琲ではないのは先刻承知だ。

人の好みはさまざまで、ロブスタという安価な品種もインスタント珈琲を作るうえでは欠かせない素材だとという事実もある。
インスタント珈琲や、缶コーヒーを愛飲している人は少数ではない。

(私はごめんだが)

ロブスタは味の点で劣等、さめると飲めたものではない、まさにメッキがはげたような状態になる。
インスタント珈琲は、工夫をして消費者を「だます」仕掛けをしている。
これを「プレイティング・オン(めっき)」と呼ぶ、ビンの封を開けたとき珈琲のアロマが香ってくるが、飲むころには霧散している(笑)、あれは人工的に作られたものだとしたら・・・・・・・

さて、インスタント居合を見極める方法がある

私の場合英信流に限ってだが

①道場に1冊でも図譜があるか(大日本の場合は平井先生著「居合道秘伝でも可)
②大日本抜刀流を抜刀法と呼んでいないか
③20代以降の著名な先生方の系譜にあるか


ただし、ロブスタを使ったインスタントでも存在理由はある。
味の分からない人たちが「珈琲を飲んだ」というその気持ちと、本物を飲んだときの動転という落差の楽しみだ。

珈琲にたとえて恐縮だが、日本では最上級の珈琲を飲む人は5%、いや1%という人もいる。
居合も大体同じようなものだろう。
ともに嗜好品となっている。


註 基道館は居合が生活の一部で、居合を援用し生き方の指針となっている会員が多い。


関連記事
スポンサーサイト



もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png ブログ
もくじ  3kaku_s_L.png 危険な政策
もくじ  3kaku_s_L.png 詩篇
もくじ  3kaku_s_L.png バカなお話
もくじ  3kaku_s_L.png 武術のヒント
もくじ  3kaku_s_L.png 社会心理学
もくじ  3kaku_s_L.png 残念な人たち
もくじ  3kaku_s_L.png ADD
もくじ  3kaku_s_L.png こころの独白
もくじ  3kaku_s_L.png 旅への誘い
もくじ  3kaku_s_L.png 祖国いやさか
もくじ  3kaku_s_L.png 心の洗濯
もくじ  3kaku_s_L.png シネマ
もくじ  3kaku_s_L.png 祖国をまもれ
もくじ  3kaku_s_L.png 居合の道具
もくじ  3kaku_s_L.png 同志への手紙
もくじ  3kaku_s_L.png ちょこっと脱線
もくじ  3kaku_s_L.png 人類の危機
もくじ  3kaku_s_L.png いのちの声
もくじ  3kaku_s_L.png 月の癒し
もくじ  3kaku_s_L.png 大きな虚脱
もくじ  3kaku_s_L.png 恋愛作法講座
もくじ  3kaku_s_L.png 散談銃
もくじ  3kaku_s_L.png 不感症
もくじ  3kaku_s_L.png アメーバ大喜利
もくじ  3kaku_s_L.png 余白
もくじ  3kaku_s_L.png 活動記録

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【ブルーリボンバッチの重さ】へ
  • 【範士称号】へ