FC2ブログ

更新履歴

さわりを読む▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので、久しぶりのご訪問の方はこちらで未読・既読のご確認ができます

日付別の更新チェックはカレンダーの日付をクリック ▼

2018 101234567891011121314151617181920212223242526272829302018 12

【  2018年11月  】 

しらさぎ ミルキークイーン

オーガニック食品あれこれ

2018.11.14 (Wed)

 美味しく頂いた「しらさぎ ミルキークイーン」がとうとう無くなった。実に美味しいおコメだ。ピカピカだった。自然農法といい、有機農法といい、実に大変な手間と根気や私達に想像できない苦労があり、家庭に届くのだろう。三方良しと裏面に書いてある作物が「健康」に育つこと食べた方が「健康」になること作りて手も「健康であること実に感嘆に値する姿勢じゃないか!農薬を使えば、害虫も寄り付かない、化学肥料もお手軽だ。そ...全文を読む

第三のチンンパンジー

われらがわれらであるために

2018.11.13 (Tue)

 ホモ・サピエンスとはいかなる奇妙な生き物であるか。ダイヤモンド博士の博識と、熱意がそれを説いてくれている。もともと、ダーリンが移動図書館で借りてくれた本が大変興味深っかたので、次々と読みたくなったのだ。いまから10日ほど前だったか、職場の私の所属する課長と鰻谷で飲んだ。泡の出るスコッチを傾けながら私「第三のチンパンジーが文庫で読めるようです」課長「 、、、、、、、、、、、」 スマホで検索している1...全文を読む

「禅談」  武禅一味

ゲイジュツと宗教

2018.11.11 (Sun)

 宿無し興道こと澤木興道老師生の暗闇に行き悩み、魂の小径に喘ぎさ迷う多くの人々に対して興道は、僧俗の区別なく惜しみなく、無償の手を差し伸べた。昭和40年12月21日の子の刻半ば、遂に娶らず寺に住することもなかった「宿なし興道」はその孤高な80有余年の「禅の生涯」を洛北の一隅に閉じたのである。  まえがきより  前駒澤大学教授 -鈴木格禅-本書は昭和13年に出版されたものの改定新版で、澤木老師の息遣い...全文を読む

日根野イオン 瑞月会にて

無双直伝英信流釈義

2018.11.11 (Sun)

 浮雲會の土曜稽古が上之郷小学校の都合で使用できないこともあり、師範以下4名が瑞月會に来ていた。萬重関塾の師範親子も参加、賑やかというより、狭くてどうもなりません(嬉しい悲鳴)半年ほど前に浮雲會に入門した方は週3回の稽古を積んで、眼を見張るように進捗しているのを見て感心した。ニンゲンは熱意である!そこで、私の指導という最初のインパクトを感じてもらう。晴眼は基本だから、手の内の口伝から入る次に屈筋理論...全文を読む

思い当たることばかり「日本の大義と武士道」

居合の道具

2018.11.07 (Wed)

 昨日大日本のH範士とお話をして散々に居合状況の問題を嘆いた。H範士のおすすめで 自衛隊特殊作戦群初代群長 明治神宮武道場「至誠館」館長の荒谷卓氏の著書を買った。そして今日仕事の移動中に読了した。見事な武道論・武士道論である。感服しました。特に伝統についての記述には我が意を得たりと膝を打ったので、ご紹介しておく以下引用伝統とは、単に過去のある時期に創造されたものを、そのままそっくり未来に伝えることでは...全文を読む

ガシ(堺東)にて

ちょこっと脱線

2018.11.06 (Tue)

 南海線堺東駅は天王寺から南で最大の繁華街です。そこで、大日本居合道連盟のH範士と会食した。私は友人が少ない。基道館ではあるが、私の弟子筋ではない無双庵錬士が、ある時ポツリと漏らした一言が絶妙だ。無双庵「先生は油断がならない」まあ、そういうことだろうと自分でも思っている(笑)ということで、武道家で、第三者的意見をズバリと言ってくれるH範士は貴重な知人である。H範士とは私が羽衣国際大学で聴講生として勉強...全文を読む

中伝「瀧落」解説

無双直伝英信流釈義

2018.11.04 (Sun)

 初段の豊水さんは、昨日の橿原神宮奉納演武で「浮雲」をやったらしい。初段だから攻める姿勢は歓迎だ。中伝はそこでとどまり、数ヶ月かけて練っていった成果はあったろうと思う。さて、今夜の岸和田天神山稽古会、名を改めて「虎乱洞」師範は負傷で数ヶ月お休みだった無維庵錬士久しぶりに着袴帯刀した。会旗も来週には完成するらしい。少人数の稽古は、お楽しみ満載だ。手ぬぐいを用いて、ゆるみを取る実験。ゆるみが取れていれば...全文を読む

明治節はいろいろあった

こころの独白

2018.11.03 (Sat)

 今日も仕事で、代わりの人がいないためもあり、働いた。健康で思う通りに体が動くのはありがたい。帰宅すると、何やら様子がおかしい。今日はな~にと、ダーリンに尋ねた。ダーリン「こんなんできてます」松山風ばらずしだ。松山ではハレの日に食べる。私「ええ?なんで?」ダーリン「今日はKの結婚式があったそうです。」そうか、Kは私達の最初の孫、彼が23歳になり結婚したのか。私は波乱の人生を選んだ、孫も4人いるが3人とは会...全文を読む

萬重関塾にて

同志への手紙

2018.11.02 (Fri)

 昨夜は、仕事から帰る途中に時間ができて、和泉市で行われている基道館.萬重関塾に顔を出した。新人のN氏が、初めて模擬刀になるという日で、道場備品の貸出が行われた。私が、N氏の礼法や、帯刀の仕方のコツ、切り下ろしのいろいろなどやることになった。振りかぶりは、腰板から1.5尺というのが当流の掟。かなり深い。なぜ、そうなのかというところから始める。冠ったところから、丹田に意識を落とし、胸をおろす、そして切り下...全文を読む

前月     2018年11月       翌月

Menu

プロフィール

有限斎基輝

Author:有限斎基輝
 大城戸有限齋基輝

全日本居合道連盟 基道館 (無端塾・浮雲會・月影会・卍堂・瑞月會・萬重関塾・虎乱洞)宗師範


*********

無双直伝英信流居合道七段錬士
卍一刀流試刀術第六代宗家
夢想月下無端流剣体術宗師

最新記事

検索フォーム

QRコード

QR

フリーエリア