FC2ブログ

更新履歴

さわりを読む▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので、久しぶりのご訪問の方はこちらで未読・既読のご確認ができます

日付別の更新チェックはカレンダーの日付をクリック ▼

【  2018年01月  】 

存在しない「居合」

真剣なニンゲンのお話

2018.01.31 (Wed)

 心はどこにあるのだろう?そもそも心とは何だろう?ひとつの事象を見るときさまざまな見方がある。唯識論では以下の三つに分類する①遍計所執性  (言葉で語られしかも執着されたもの)②依他起性    (他によって生じたもの)③円成実性    (完成されたもの)今夜は「切り捨て」の議論を行います。およそ1700年前に生まれた唯識論ですが、現代をそれに照らして見ると実に明快に説明してくれています。これを武道に置...全文を読む

誓願 「忘己利他」循環無端のこころ 

いのちの声

2018.01.30 (Tue)

 武道を修する上で、ひとつの着眼がある。自分は 何をなすべきか? どうなすべきか? どんな気持ちでなすべきか?そういう問いの前に自分は何であるか?という根源的な事柄を問うべきだろう。はたして、自分というものが何者であり、どんな風に生きているのか?それはなぜか?胸に手を当て、心の奥底に沈潜する作業が必須である。しかし、世の中には趣味で「ブドウ」をやっている人が大半だから、この記事もスルーされかねない(...全文を読む

基道館 新次元へ「池田整治」元陸将補 講演会

真剣なニンゲンのお話

2018.01.30 (Tue)

 皆さんは、池田整治元陸将補をご存知だろうか?こんな活動をしている人です池田氏は 阪神大震災のとき自衛隊の作戦幕僚として伊丹に赴任し、有珠山爆発で死者0の指揮をした。現在はフクシマで何が起きているかなど緊急のテーマもお話いただけます。基道館は社会に開かれた道場として、地域社会に武士道(日本の心)を広める覚悟があります。いま、資本主義社会が直面する環境破壊、人心の荒廃、それを嘆いてばかりいては、大切な...全文を読む

カルチャーショック

ちょこっと脱線

2018.01.28 (Sun)

 土曜日は 日根野イオン「居合道教室」 =「瑞月會」稽古に出かけるのが決まりである。仕事の都合で帰宅してから支度をして出かけることができない場合、大阪市内から直接JR阪和線で向かう。約40分の乗車中に運よく座れたら本を読むか、ノートに考えをまとめるかするのだが、「唯識論」を読んでいるから、本を読みながら書いてあることを自分の言葉に直す作業をした。鳳駅(天王寺~日根野の中間あたり)から横に座った婦人が...全文を読む

正聞薫習という大事

武術のヒント

2018.01.26 (Fri)

 正聞薫習とは、自分を変革したいと願望する人にとって大事な事柄です。※正しい教えや言葉を繰り返し聞いて、それを深層の「阿頼耶識」に薫じつけることだと述べられているたしかに、言葉は移ろいやすく、誤解も生じる可能性もある。「言葉によって認識するようには物事は存在していない」 かも知れない。だからこそ、正しく語られ、より研ぎ澄まされた体験から流れ出た言葉を大事にしたい。正しい言葉は正しいニンゲン、正しい師...全文を読む

 【 再掲】 コトバの力

いのちの声

2018.01.24 (Wed)

 私が、珍しく上(かみ)に立って、「指導」することがある。※ 指導するといっても、じつは私なりに背一杯、精魂を込めて居合をおさらいしている状態だ。余裕というものはない!見る人が見れば、蛇が頭を穴から出しただけでその全体が知れるという。 その有り様を蚯蚓に見るか、大蛇に見るか勝手だが、出来うれば、大蛇ではなく龍くらいに見て欲しいと念願している(笑)終始無言で行うのを不思議に感じた人もあるだろう。人は話さ...全文を読む

ノブレス・オブリージュ 高貴なる責任

居合の道具

2018.01.23 (Tue)

 ノブレス・オブリージュ(仏: noblesse oblige ノブレ(ッ)ソブリージュ[1][2])とは、直訳すると「高貴さは(義務を)強制する」を意味し、一般的に財産、権力、社会的地位の保持には責任が伴うことを指す。居合の道具に 称号というのがある 「錬士」「教士」「範士」というそれぞれに相当の資格と責任が与えられるのだが、本稿は「錬士」の心構えについて触れたい。この資格は連盟から与えられ、夏期講習を通過すると「指導者...全文を読む

不動の真実なし

真剣なニンゲンのお話

2018.01.22 (Mon)

 宇宙に上も下もない、もちろん東西なし右や左や、便宜上使用しているだけで、立場が変われば見方も変わり真実だって怪しくなってくる(笑)共産党にたずねたら、9条は大切ですというだろうウヨクにたずねたら憲法自体無効であるというだろう自民党にたずねたら「国民の意見を聞いて」議論するというだろうこれがわれらの日常だとしたら、自分の人生だって、長いのやら短いのやら、それどころか「在ったか無かったか」これも怪しくな...全文を読む

模擬刀の修理

武術のヒント

2018.01.21 (Sun)

 鯉口がゆるいと「鯉口を切る」という感覚がゆるくなる。同時に納刀の残心もおろそかになる。昨夜の日根野イオンカルチャー教室「居合道」でカルチャー生の女性たちのお刀の不具合を聞き取り、修理するために持ち帰ったそれらの模擬刀は 鯉口がややゆるい  鯉口もゆるく鍔もがたついているというものだった。木槌、目釘抜き 接着剤 目釘 カッター はさみ 修理用の木を薄く切ったもの、後は自分の持っている刀パーツ(切羽類...全文を読む

厳修38年紀

同志への手紙

2018.01.20 (Sat)

 自らにキビシク向かうことは凡百の身には相当つらいことであった。しかしながら、心の持ち方で苦が楽になるのはみんな知っている。たとえば千日回峰、マラソン 普通なら死んでしまうようなことに挑戦する人がいる。ジャンルは違えど「そのことを成し遂げる」一流のひとはいるもので、これを賛嘆して拝見する。わが身を振り返り、居合に染まってから38年いささかも怠りが無かったとは言えない(汗)余日も僅少となり、これからの...全文を読む

前月     2018年01月       翌月

Menu

プロフィール

有限斎基輝

Author:有限斎基輝
 大城戸有限齋基輝

全日本居合道連盟 基道館 (無端塾・浮雲會・月影会・卍堂・瑞月會・萬重関塾・虎乱洞)宗師範


*********

無双直伝英信流居合道七段錬士
卍一刀流試刀術第六代宗家
夢想月下無端流剣体術宗師

最新記事

検索フォーム

QRコード

QR

フリーエリア