FC2ブログ

-旧き稲妻-  真剣道・基道館稽古日月抄3

泉州での真剣道・居合道(和泉市.岸和田市.熊取町.泉佐野市.阪南市)稽古日記

この徽章にたどり着くまで

活動記録

基道館のバッチが出来た。
P1030354.jpg

今日行われた泉佐野市のエブノ森ホールの納会で会員に手渡された。

P1030256.jpg
P1030257.jpg
P1030261.jpg


それぞれに思いはあるだろう。

大きな飛躍をこめてこの一年を締めくくる

私のスピーチは以下のようなことだった。

われわれホモ・サピエンスとチンパンジーの遺伝子はほんの数%しか差異がないということがわかってきています。
そんな少しの違いで、われわれホモ・サピエンスはこのような文明を築けたのでしょうか。

その原因については様々な意見が取り交わされていて、金星から来たというものまである。
霊籍の違いがあるという人もいる。

善きこと、悪しきことを理解し、善きことを行うべく、物理的には脳が発達し、霊的には心が進歩したという考えだ。

私はこのように考えます。

祈るという行為は人間がする特別なことではないだろうか?

自分や 愛する人の幸福を祈る、成功を祈る、豊な収穫を祈る、
中には宝くじの当選を祈る人もいるでしょう。

何れにせよ、より善きことが到来するのを強く希望する姿です。
他人の失敗を祈るというのは言葉の間違いで、それは呪うという行為です、そんなことをすると自分に帰ってきます。

さて、祈るとは「意乗る」という言霊で、 意志の意が乗るという状態です。
そういう漢字を当てると意味がよく見えてきます。
心を積極的に強く向けることだど理解しています。

神風特攻に散った英霊たちは、家族、祖国の弥栄を祈って南の空に飛んでいき二度と帰らなかった。

現代において、とりわけ基道館においては、伝統の中に身を置きそれを継承してゆく過程で、心身の向上を目指してやっているわけですが、 修行して得られるものについて明確な目標、目的があるでしょうが、
その目的、にたどり着くために祈りましょう。

祈りとは強い波動で自分を導くことです。

20代河野百錬先生が心血を注いだ、(お金も300万円出した)図譜を読んでも浅いものしか受け取れない人もいる。

人間は神の容れ物であるという考えからすれば、生活すなわち行であり、私は、居合のみが修行とは思っていません。日常こそ大事な行でありましょう。

胡座かいて懐手しては得るものは少ない。
時も、金も、汗も、血も、涙も必要です。

善いものほど値が高い。

今年は大事な同志を失いました。わたしの不徳の致すところです。

しかし、みんなで祈りを増幅し起きることは必然として、我々の使命、真剣道を強く進めていきたいものです。
スポンサーサイト

▲PageTop

いきどまりの世界がグレンとひっくり返る

あからさまな挑戦 その韜晦

こういうことを書くと、眉に唾をつける人のほうが多いだろう。

六段になった頃、私は【退会届】を先師村上基助先生に提出して、武者修行に出た・

まず向かったのは、合気道である。

合気道を研究するには、大本を知る必要がある。

註 大本とは、現在綾部市に本部を置く神道系の宗教で、江戸末期に次々と現れた、大本、金光、黒住、天理など、教派神道と呼ばれるものの最大の宗派で、信徒3000万人を誇った大きなものだった。

松山人には馴染みが深い、秋山兄弟の真之さんは 実は大本の信者であり、大いに協力したということである・
真之さんが、日本海海戦でバルチック艦隊を破った神がかりはこのあたりにあるかも知れないと、私は密かに思っている。
松山というところは、「闘戦経」を温存したところでもあるし、秋山兄弟を生み、子規さんを生み、現在で言えばもう少し広く考えて、南予から、人類を救おうという池田整治元陸将補を生み、ホメオパシーでこれまた、人類に寄与しようという由井寅子先生を生み、なんだか松山人としては誇らしい。


出口の孫なる人が書いた「大地の母」を読み込んだものだ。

そこで、分かったことは、我々が知っていると認識しているものが実は偽物で、真実は秘匿されているのではないか!
大きな疑問が湧いた。


そうこうするうち、「日月神示」なるものがあることに気がついた。あれは1990前後であろうか。


実に恐ろしい、今起きていることが、すでに予言されているではないか。


そこには、釈迦もキリストも、すべての賢者が出揃い協力し、光の世界を実現すると書かれている。
だが、その前に【大峠】が到来し、山に逃げても、隠れるところはない。
わけのわからない病気が来る、それは肉体の病だけではない。
食い物の騒動が起きて、共食いが始まる。
共食いはだめだから、今から心を鍛えておいて、それに備えよ。
1日に10万人の死人が出るような事になったら、神の世が近づいた印だと考えよ。
よく世界のことを見て皆に知らしてくれ。

と書いてある。

また、こうも言う。
座って待っていても神の世は来ない。
自分が動いて、人任せにしない。
人それぞれに「御用」がある、悪には悪の御用があり、それはご苦労なことである。


*******************


日本武道の覚醒した居合者は、この度の「建て替え」に御用を務める覚悟がほしい。
身魂を磨いて(食べるものに気をつけ、思うことに気をつけ)先達としてのお役をこなせるように準備せよ。


どの国の人民もなるほどなあ、という揺さぶりが来る。




▲PageTop

ダーリンの本箱から

オーガニック食品あれこれ

いま、ダーリンは台所でさんまを焼いている。

さて、今日は「危険な油が 病気を起こしている」について述べよう。

この本は1998年に上梓された

その本以前からダーリンは私を守っていたと思う。
DSC01536(2).jpg
DSC01526(2).jpg
DSC01524(2).jpg
DSC01523(2).jpg
DSC01520(2).jpg
DSC01522(2).jpg
DSC01518(2).jpg
DSC01516(2).jpg
DSC01514(2).jpg


お気づきだろうか?主婦がその知識をもっていないことには、あなたのDNAは消滅する


ところで、ダーリンが予定通り 姉と同じく松山東に進み、また私も予定通り松山東に進学したら。
私達は夫婦になっていただろうか?

何事かがきっかけで、私達は松山商業という誠に自由(進学という縛りがない)な校風で、出会った。
いま、振り返ると、それはとても大事なエポックだったような気がする。

と言いながら、私は済美高校の生徒会長(当時は女学校)がGFだったからダーリンには失礼をした。
大変反省しています!

当時の松山東の生徒会長は雨宮くん、いまは三重にお住まいだという。

雨宮くんと東高校の持田側の裏門で出会ったとき、将来に大きな希望があったよね。

今思い出して、その日作った、18歳なりの詩を載せておこう

   「黄昏」

風が立ち
旗翻り
紫の煙たなびき
電線は微動を起こし
屋上の風信器の車
それぞれに回り始めて
夕日浴び影はあざやぐ
夕餉の匂い路地に漂い
自転車のチェーンの音させ
生活の話しながら
人の背は下駄はいて去り
影ばかり思いに残る
嗚呼、そのとき悲しいまでの色彩が
空仰いでゆく人たちの上に炎え
黄昏として展がる・・・・・


▲PageTop

夏への扉

旅への誘い

ロバート・A・ハインラインという輝かしい名前に再び巡り合った。

DSC01491(2).jpg

同著は1963年に福島正実氏の翻訳で早川SFシリーズで刊行されたとある。
手元にあるのは新刊で小野美佐氏の翻訳だ。

通勤の車内で読了した。

おそらく.1968年ころに高校生である私はこれを早川版で読んだのだろう。

1907年生まれのハインラインが、2000年という時代を希望を持って描いた、その想像力に脱帽するしか無い。

しばし、SF読者少年に戻った2日間だった。

ふと見ると、第三のチンパンジーが自室に戻っている。

ダーリンもこの厄介な本を読み終えたらしい。

DSC01492(2).jpg

明るい12月の窓辺に座り、この本たちの示す「事柄」を前向きに考える時間だ
DSC01482.jpg
DSC01479.jpg
DSC01470(2).jpg


PC横には近頃読んだ本が重なっている。
DSC01493(2).jpg

知識ではなく、感性の時代だと芳村思風先生は「感性論哲学」を高らかに宣言した。

昨日の 池田整治氏の ラジオ岸和田の3回目で、日本は淘汰に入っているという、そういえば壊れた人ばかりだ。
1億を超える人が洗脳され、病気にされ、搾り取られ、お金を本尊として拝み、すこしも変だと思っていない。
こういった人たちの遺伝子は残らない、消えてゆくだけだ。
1万人のまともな日本人が残れば1000年後には1億人に戻るだろう、と怖い意見である。
それが、日本の実情を「自衛隊の情報をすべて知った人」として見た現実的意見だろう。


DNAを破壊されていない日本人、覚醒した日本人が必要だ。

基道館の諸氏よ、1万人の中の50人になってください。

▲PageTop

池田整治氏 ラジオ岸和田その3   濃厚な最終回

われらがわれらであるために

まさに真実

ここで、大事なことは「食べ物」と「心映え」 そしてわれわれの日本人としての使命

▲PageTop

Menu

プロフィール

有限斎基輝

Author:有限斎基輝
 大城戸有限齋基輝

全日本居合道連盟 基道館 (無端塾・浮雲會・月影会・卍堂・瑞月會・萬重関塾・虎乱洞)宗師範


*********

無双直伝英信流居合道七段錬士
卍一刀流試刀術第六代宗家
夢想月下無端流剣体術宗師

最新記事

検索フォーム

QRコード

QR

フリーエリア